イベント | 案内 | 千年カルテシンポジウム開催 7/3 京都  千年カルテの現状と未来|JMNA

資料
イベント
2018.06.01
案内

千年カルテシンポジウム開催 7/3 京都  千年カルテの現状と未来

日本医療ネットワーク協会(JMNA)では、2015年よりAMED事業の「臨床研究等ICT基盤構築研究事業」を通じて千年カルテプロジェクトを推進し次代の医療の発展に寄与する研究を進めてまいりました。

また、本年5月11日には「医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律(通称:次世代医療基盤法)」が施行されこれからの日本の医療の大きな転換点を迎えます。

我々千年カルテは、次世代医療基盤法のもと、研究事業を通じた活動成果を更に発展させるべく、一般社団法人Life Data Initiativeを設立いたしました。

日本の医療は患者のため、この思想を常に最優先とし3つのLife(生命、人生、生活)への更なる貢献を目指し、次世代医療基盤法における認定を目指して取り組みを進めてまいります。

研究最終年度の活動経過報告と、将来に渡る日本の医療の発展へのこれからの取組みについて、演者を招いてのシンポジウムを開催しますので、皆様ご参加いただけますよう心よりお願い申しあげます。

※なお、京都会場、宮崎会場では、当日、現地で参加が難しい方へオンライン会議WebEXでの遠隔地参加を予定しています。 WebEXでの参加を希望される方は、申込みメールにてその旨ご連絡ください。

シンポジウム概要

千年カルテの現状と未来~人・生命・生活への貢献を目指して~

会期:2018年7月3日(火) 16:00~18:00(受付開始15:30~)

会場:京都 京都リサーチパーク 1号館4階
    (京都府京都市下京区中堂寺粟田91)

主催:日本医療ネットワーク協会

共催:NPO法人MedXMLコンソーシアム

参加料:無料

※京都版案内PDFダウンロード(557KB)

プログラム

16:00~16:40  【特別講演】次世代医療基盤法施行!

内閣官房 健康・医療戦略室 次長 藤本 康二


16:40~17:20  千年カルテプロジェクトの成果と将来の事業化に向けて

京都大学・宮崎大学 名誉教授 吉原 博幸


17:20~18:00  千年カルテプロジェクトにおける参加医療施設への付加価値とは!

宮崎大学 教授/日本医療ネットワーク協会理事長 荒木賢二


お申し込み

■エントリー方法

所属・部署・役職・ご参加される方の氏名、ご連絡先(郵便番号 住所 電話番号 メールアドレス)、参加方法(宮崎会場参加・オンライン会議WebEXにて参加)を以下のメールアドレスまでご連絡ください。

Mail:event@ehr.or.jp

※申込みいただきました内容(氏名、メールアドレスなど)は、今後のイベントの案内のみに使用します。今後の案内等が不要の場合は、その旨を申し込み時にお知らせください。

※オンライン会議WebEXでのご参加の方は、お申し込み時にご連絡頂いたメールアドレスへ会議への招待状をお送りします。視聴方法や資料などについては会議前にお知らせする予定です。

※申込者多数の場合はご参加をお断りさせていただくことがございますので、予めご了承ください。

会場のご案内

map_kyoto0703.jpg

京都 京都リサーチパーク 1号館4階(京都府京都市下京区中堂寺粟田91)