Japan Medical Association 日本医療ネットワーク協会
HOMEお問合せこのサイトについて
団体概要 活動内容 ニュース 入会案内 STAFF MENU

全国版医療情報センター(Super Dolphin)

本プロジェクトでは、地域ごとの医療情報センターに分散された患者カルテ情報を、地域を越え、患者さんが全国どこへ移動しても必要に応じてカルテ情報を入手できることを目的としています。

連携医療のために、各地で医療情報センターが立ち上がってきたものの、実運用においてはいくつかの問題点が浮かび上がってきています。つまり、医療機関と医療情報センターで安全にカルテ情報を送受信するネットワークの不備、さらに患者IDが地域ごとにバラバラ に登録されているために地域を越えたデータの検索が困難な点等です。

本プロジェクトではこれらの問題を解決するために、以下の機能を実現する活動を実施します。

スーパーディレクトリ機能
地域医療センターごとにバラバラに蓄積されたカルテ情報を、患者さんをキーとして地域医療情報センターを越えて検索できる様、患者ID情報のシームレスな統合を実現します。
データマッピング機能
地域医療センターで採用されるデータ規格の違いを超えて、地域サイト間でシームレスに医療情報の交換が行うことが出来るよう、自動的にデータのマッピングを行います。
セキュア医療ネットワーク機能
地域ごとの医療情報センター間をセキュアに繋ぎ、患者の医療情報を相互に送受信するネットワークインフラを構築します。
医療アプリケーションポータルサービス機能
地域医療連携サービス、健康ノートサービス、Web処方せん、ASP型電子カルテ(エントリーモデル)、ASP型紹介状/ 診療予約システムなど、低コストで有用なアプリケーション群をPFI事業の位置付けで民間企業等とタイアップ事業として実施し、新規に地域医療情報セン ター構築する場合には、標準パッケージ提供を行います。
センター運営上必要な事業
治験、遠隔画像診断センターなど

◆参考資料◆

「地域連携医療への電子カルテの応用
 −地域サイトを結んで日本レベルでの連携医療を実現する−」

DolphinProjectの概要に関するレクチャー
(第20回日本耳鼻科学会講演ビデオ)


■地域医療情報センターとSuper Dolphinとの関係

地域医療情報センターとSuper Dolphinとの関係

注)全国版医療情報センターでは、地域センターに登録されている患者データを集中的に保持することはなく、同一人物が複数の地域センターに登録した異なるIDの連結情報を管理するのみです。従って、いわゆる個人情報そのものを取り扱いません。

pagetop
特定非営利活動法人
日本医療ネットワーク協会事務局
〒142-0063東京都品川区荏原4-4-2大橋医院内
E-mail: office@ehr.or.jp